屋根裏よ永遠に


つい最近までJ−WALKの名曲「何もいえなくて…夏」の出だしの歌詞を


「きれいな顔してたんだね〜」


だと思ってて、愛してるとかいってるのに顔もまともに見てなかったのかよ、


すげー失礼な始まり方する名曲だなと思ってました。


(※正しくは「きれいな指してたんだね〜」だそうです。失礼致しました。)




3月末に屋根裏が閉店したね。


その時は実感なかったけど自分たちの今後のライブスケジュールを見て


「下北沢 屋根裏」


の文字がないことにさっき気づいて、急に実感が湧いて来たよ。




おれらにとって下北沢屋根裏(以下、下屋根)は、


初めてバンド組んで、


初めて曲作って、


初めての音源をビビりながらもっていった


初めてのライブハウスなわけで、いわゆる青春そのものなわけですよ。



あんなクオリティーの低い音源持っていったおれらに山田店長がかけてくれた一言は


「大丈夫、いけとる。一緒にやっていこう。」


だったわけで、あの一言はこの先も多分ずっと覚えてると思う。


(マジで!?これで大丈夫なの!?ってなったからねw)




あれからもう4年間ほぼ毎月屋根裏のステージに立っていたわけで


かけつけのピンクレモネードも


何聞いても大体「んー大丈夫!」ていうPAさんも(北城さん)


乗らなきゃいいのに酔っぱらって自転車乗ってコケて大体あばら折れてるPAさんも(北城さん)


山田店長の長めの会計も


ステージで爆音に包まれる感じも


あのステージから見る景色も


もうないんだなーと思うとなんだかねぇ、寂しいよねぇ。



んーセンチメンタル。。



最後の山田さんの会計でいわれたのが


「頑張れよ、見てるからなー」



山田店長おれ頑張るよ!


おれ頑張って海賊王になる!


とりあえず明日から腕が伸びるよう柔軟始めます。




青春をありがとう、おやすみ屋根裏



shin

2015.4.25

LINK

audioleaf

http://www.audioleaf.com/noizz/

 

facebook

https://www.facebook.com/AMEacount

 

Twitter

 雨(AME) @AME_acount